明るいがん患者を目指して

自分が乳がんになったことを忘れないために、これまでの体験を振り返っていこうと思います。

入院生活を振り返る(2017年3/31~4/8)‥‥その1

こんばんは。ゆうたんです。


なんだかあっという間に5月が終わり、6月に突入。
暑い日が続いておりますが、みなさま、いかがお過ごしですか?
今からこんなに暑いのでは、これからどう過ごしていったらいいのか、心配です(>_<)


さて、私は、昨年(2017年)3月30日に『左乳房全摘術』を受け、入院しました。
そういえば、この日は“大安”だったのですよぉ!
だから、「絶対、大丈夫(*^_^*)」と思っていました。


入院生活について、まだ振り返っていなかったので、ぼちぼち書いてみようと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


手術の説明を受けた時、主治医から「入院は、長くて1週間かな。」と言われていました。
「そんな程度で退院できてしまうんだ(◎o◎)」と、私も主人も驚きました。


手術当日(2017年3月30日)の夜(21時)にはすでに動いてもいいことになっていたし(安静解除)、その2時間後からは水を飲むことも許され、翌朝からはしっかり食事も出来ました。


問題は“排液バッグ”です。
「1週間経ってもまだ管を抜くことが出来なければ、排液バックを持ったまま退院してもらうよ。」と主治医に言われました。


入院中は、“主治医”と“担当医”がいます。
・“主治医”‥‥診療を担当する医師が所属する診療科を統括する責任医師(それを補佐、
        又は、代行する医師)。
・“担当医”‥‥直接患者さんの診療を担当する医師
(入院時の資料より。)
私の場合、“主治医”はいつも診察を受けている先生、“担当医”は手術の時に主治医と一緒に入ってくださった若い?先生でした。


乳腺外科には、もう一人、女性の先生がいます。
この先生に、私は直接診てもらってはいないのですが、以前“肛門周囲膿瘍”で入院した時にも様子を見に来てくださったのでした。


今回の入院中、乳腺外科の3先生がいつも様子を見に来てくださいました。
当たり前のことなのかもしれないけれど、自分が診察を受けていない先生までもが来てくださることに、私は「すごいなぁ(◎o◎)」と思っていました。


話を“排液バッグ”問題に戻します(^^;)
主治医にはずっと「1週間」と言われ続けましたが、担当医に「排液バックを持ったまま退院するのはイヤなので、ギリギリまで入院させていてほしい」とお願いしましたm(__)m
すると、「ギリギリで4月8日。それまでに管を抜くことが出来なければ、排液バックを持ったまま退院する」ということになりました。


(つづく)

ちょっと休憩…現在の話(2018年GW その後)

お久しぶりです。ゆうたんです。


寝たいのに、なんだか眠れない…。
だから、この時間を使って、久しぶりにブログを更新しようと思います。



今日は、今年(2018年)のGWの、その後の様子を記していきます。



GW後半は、結局体調を崩したまま終わってしまいました。
のどが痛かったので、風邪ですね…。


咳と鼻水は、その後、2週間ほど続きました(T_T) つらかったです…。
おかげさまで、ようやく良くなりました。


5月9日(水)は、3ヶ月に一度の定期診察日だったので、仕事は休みをもらいました。
がん集学治療センターで受付をし、体温と血圧を測った後、外来の検査室で採血をしてもらいました。
抗がん剤治療をしてから血管が細くなったのか、最近の採血はいつも手の甲でやってもらっています(^^;)
採血の後は、整形外科の診察でした。
乳がんの手術後、手の痛みが現れたので、整形外科も受診するようになりました。
最初はリウマチか?と思いましたが、血液検査の結果、リウマチではありませんでした。
その後、ばね指になったり、ガングリオンができたり、…。その都度、注射をして様子を見てきました。
最近「また手が硬くなってきたなぁ」と思いましたが、これは更年期に現れる症状の一つだということで、しばらくはこのまま様子を見ていくことになりました(T_T)
整形外科の後は、がん集学治療センターに戻り、乳がんの経過観察です。
“問題なし”とのことでした! 良かったぁ(^^;)
リュープリンの注射をして、この日の診察は終わりました。


この日、ちょっとショックなことがありました。
最初の告知の時からずっと診てもらっている先生が、受け持つ患者が多くなり過ぎたとのことで、次回の診察から別の先生に替わることになったのです。
「(あなたが)決めて」と言われたのに、「いやぁ、先生が私を診たいと言うなら~( ̄▽ ̄)」なんて、ちょっとごねてみました(^^;)
でも、「先生を困らせてはいけないなぁ」と思い、受け入れることにしました。
今度の先生は、入院時の担当医だった方なので、全く知らないというわけではありません。たぶん、この先生とも良好な関係は築けるだろうと思っています(^o^)
今までの先生も、病院にはいらっしゃるので、「またお会いしましょう!」と言って、握手をしてもらってきました(*^_^*)


今までの先生は、この病院の乳腺外科の中では一番偉いのですが、少しも偉ぶったところがなく、気さくに話せる方でした。
今度の先生も、私の雑談に付き合ってくれるかしら? 頼んでおけばよかったな…。



ところで、前回のブログで妊婦さんに間違われた話をしましたが、その後、ほんの少しですが食事に気を付けることにしました(^^;)
とはいえ、一度出たお腹はなかなか引っ込みません(>_<)
次回の診察で病院に行くまでに、少しは痩せたいと思います。こうご期待!



次回のブログでは、昨年の入院中の様子の振り返ろうかな。


ではまた(^O^)/

ちょっと休憩…現在の話(2018年5月5日)

こんばんは。ゆうたんです。


GWも残り1日となってしまいました。
みなさん、いかがお過ごしですか?


私は、GW後半に入る前日の5月2日から、なんだかのどが痛くなり始めました。
それでも、5月3日には友人と会う約束をしていたので、一緒にお昼を食べ、観光客に混じりながら散歩をし、楽しく過ごしてきました。


昨日は、お気に入りのラーメン屋さんの限定メニューを食べるのを楽しみにしていましたが、熱っぽかったので、出かけるのを断念しました(T_T)


今日は、美容室の予約を入れていたので、それにはどうにか行ってきましたが、やはりまだ熱は下がりません(>_<)


明日も療養して終わりかな…。



今日、ショックだったこと‼
二人の知人から「あれ~、妊娠してるの? 出産はいつ?」と言われてしまいました
(ToT)
確かに、そう言われても仕方ない体型になりました…。
これは、本気で痩せる努力をしないといけないようです(>_<)


私は、今、ホルモン療法中で、“ノルバデックス”の服用と“リュープリン”の注射を行っていますが、どちらの薬の副作用にも「体重増加」というのが挙げられています。
「だから、仕方がない」ではなく、自分で注意しなければいけないんだなぁ…。
ブログに書いてしまった以上、気を付けるようにします!
(「やる!」と言い切れない、意志の弱い私です…(^^;))



昨年の入院中の様子の振り返りも、また続けますね。


では(^O^)/