明るいがん患者を目指して

自分が乳がんになったことを忘れないために、これまでの体験を振り返っていこうと思います。

第2回目の抗がん剤点滴治療の経過について

お久しぶりです。ゆうたんです。


先月はインフルエンザにかかってしまいましたが、B型で、高熱が出なかったので、おかげさまで楽でした(^^;)
もうすっかり元気に復活しております(*^_^*)


さて、乳がん治療を振り返るのは、第1回目の抗がん剤治療のところで終わっていましたね。
今日は、第2回目の抗がん剤治療を振り返ろうと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


第2回目の抗がん剤点滴は、昨年(2017年)の1月4日に行われました。


第1回目が終わって、点滴後1週間は大変だけど、それを過ぎれば普通に過ごせることが分かったので、「きっと私は頑張れる!」と思っていました。
看護師さんに話したら、「回を重ねるごとに薬が蓄積されていくから、だんだんつらくなると思うよ」と言われてしまいました(>_<)
でも、気の持ちようで変わるから、「それでも私は大丈夫だろう」と、なんだか分からない自信のようなものがありました。


第2回目の抗がん剤点滴治療自体は順調に進み、午後には歯科口腔外科の診察も受けて、前回よりも早く帰ることができました。


前回は便秘傾向になっていたので、今回はあらかじめ市販の便秘薬を服用して対応していました。
しかし、便秘薬を飲み過ぎたのか、点滴後の最初の週末(1月8~9日)は軟便気味になってしまいました(T_T)


その他の気になった症状は、次の通りです。


2017年1月4日‥‥抗がん剤点滴治療当日。腰から下の、身体の痛みが、少しあった。
2017年1月5日‥‥のどの痛みと頭痛があった。
2017年1月6日‥‥生理の予定日ではないのに、少量の出血があった。(血尿か?)
2017年1月9日‥‥36.9℃
         (第2回目の抗がん剤治療の中で、一番高い熱だったと思います。)
         食べようという気持ちになれず、ほとんど食べられない。
         元気が出ない。
2017年1月13日‥‥尿の出がいつもより悪く、顔がむくんでいる気がした。
         (1月15日まで)
2017年1月15日‥‥少し排尿痛があった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


第2回目の抗がん剤治療も、大変だったのは点滴後1週間で、後は比較的普通に過ごすことができたと思います。
きっと気持ちにも助けられたかもしれませんね。


(つづく)


ちょっと休憩…現在の話(2018年1月20日)

ゆうたんです。


今日は、振り返るのはちょっとお休みして、現在の話を…。


ただ今、全国的にインフルエンザが流行っているそうですが、みなさん、大丈夫ですか?


うちの小さな職場でも、約半数がインフルエンザにかかっています。


そんな中、ついに私までもが…(◎o◎)
昨日の午前中、かかりつけ医を受診して、念のため検査してもらったところ、B型に罹患していることが判明しました(>_<)
というわけで、23日まで、おとなしくしていることと相成りました。


仕事は、とりあえず、だいたいは片付けてきたので、安心して休めるかな(^^;)


残念なのは、吹奏楽団の練習に出られないこと(T_T)
今日は、今年の秋に東京で開催される演奏会の練習に参加しようと意気込んでいたのになぁ。


インフルエンザというわりにはそんなに熱もないので、検査していなかったら単なる風邪だと思って過ごしていたかもしれません。


去年もインフルエンザにかかったのですが、抗がん剤治療中のちょうど抵抗力が落ちたところでかかってしまいました(>_<)
その話は、また後日。


みなさん、気を付けてお過ごしくださいね‼

第1回目の抗がん剤点滴治療の後の様子について

ゆうたんです。


昨年(2017年)の1月4日は、“第2回 抗がん剤治療”の日でした。
でも、その話の前に、第1回目の抗がん剤点滴治療の後の3週間がどうだったのかを振り返っておきたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


抗がん剤点滴治療の後に、“外来化学療法チェックシート”というものを渡されました。


起こりうる副作用が書かれていて、それについて、いつ、その症状が現れたかをチェックしていくものです。


【発熱】【食欲不振】【下痢(普段と比べて)】【便秘】
【嘔吐(注射をしてから24時間以内について】
【嘔吐(注射をしてから1日以上たってからの状態)】
【しびれ】【だるさ(普段と比べて)】【脱毛】【口内炎】
【皮膚の症状、爪の変化】
【その他気になる(味覚変化・聴覚・尿の出方など)こと‥‥自由記述】


渡された資料には、「38℃以上の熱が続くようなら、がまんせずに病院に連絡しましょう」と書いてありました。
私は平熱が低い方なので、37℃を超えると結構つらいものがありました。
ただ、第1回目ということで、基準がよく分からなくてがまんした部分もあったかもしれません。


熱の変動は次の通りでした。
 2016年12月16日‥‥36.9℃
 2016年12月17日‥‥36.7℃
 2016年12月18日‥‥36.9℃
 2016年12月19日‥‥37.6~37.9℃


抗がん剤点滴治療を受けた当日(2016年12月14日)から2016年12月20日までは、風邪をひいた時のような身体の痛みがありました。
また、2016年12月18~19日は、のどの痛みもありました。


副作用の一つとして、「便秘になるか、下痢になるか」と言われていましたが、この時はどちらかというと便秘気味でした。


その他の症状としては、手にかゆみが現れたり(2016年12月20日)、口の中が常に苦いような感じがするようになったりしました。


吐き気の症状はほとんど出なかったので、助かりました。


脱毛は“点滴後2週間くらいから始まる”と資料に書かれていたので、「どんなふうに始まるんだろう?」とドキドキしながら過ごしていました。
ほぼマニュアル通り、2016年12月26日に抜け始めました。何となく「クリスマスが過ぎてからで良かった(^^;)」と思いました。朝、髪の毛を手で梳かしたら、すうっと抜けていきました。「おおっ、これが“脱毛”か」という感じでした。とりあえず、その日から帽子をかぶって出かけました。まだ脱毛の初期段階で、自毛もたくさん残っていたので、使い捨てのネットで髪をまとめてから帽子をかぶりました。
脱毛2日目、1日目と同じように抜けていきました。でも、襟足はちょっと触るとどんどん抜けていく感じでした。
脱毛3日目、いよいよ生え際にきて、やっぱりショックでした。でも、「脱毛が始まったら、潔く丸坊主にしよう」と最初から決めていたので、この日(2016年12月28日)、美容室に連絡して、断髪式を執り行いました(*^_^*) 病気が分かった時、美容室にも伝えていたので、快く引き受けてくださいました。途中、「モヒカン、やらなくちゃ!」と写真を撮りました。美容室のみなさんのおかげで、非常に楽しい断髪式となりました。
これは前にも書きましたが、「頭の形がきれいだね!」とほめられたので、その後の丸坊主(ハゲ頭)生活は、私は楽しかったです(≧▽≦)
そうそう、美容室はカミソリを使えないので、丸坊主にするにあたっては、バリカンで極力短くしてもらいました。脱毛では、その残った細かい毛も抜けるため、最終的には自分でT字カミソリで剃りました(^^;)


抗がん剤点滴治療の後に白血球の減少が起こるため、上昇させるための注射を打つことになっていて、2日後の2016年12月18日に受診しました。ところが、この日の血液検査の結果では、白血球の数値が逆に上がっていたため、予定の注射(ジーラスタ)は打たずに様子を見ることになりました。
1週間後(2016年12月21日)の診察で、ジーラスタの代わりにノイトロジンを注射することになりました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まとめると、抗がん剤点滴治療の後、最初の1週間が辛かったです。
私の場合、水曜日が点滴の日だったので、幸か不幸か、土日に辛さのピークがやってきました。
第1回目の最初の1週間で、「こんなに辛いんだったら、もうやめたい」と思ったくらいです。
でも、その時に、自分と同じ抗がん剤の治療(TC療法)を経験した人のブログを探して、その人にメッセージを送って励まされました。今では、その人とSNSを通じてお友達になっています。
1週間が過ぎたら、「あれっ、私、病人だっけ?」と思えるくらい、普通に過ごすことが出来ました。


この、第1回目の抗がん剤治療の経過をもとに、残り3回も頑張ろうと決めたのでした。


(つづく)