明るいがん患者を目指して

自分が乳がんになったことを忘れないために、これまでの体験を振り返っていこうと思います。

ちょっと休憩…現在の話(通院ウイーク、終了しました。)

おはようございます。ゆうたんです。


通院ウイーク、終了しました。
風邪も、2週間かかって、ようやく治ったようです(^^;) 長かったなぁ…。


今週は暑い日がずっと続くみたいで、月曜日からすでにだるいです(>_<)


食欲は、落ちているわけではないけど、ドカ食いを少し減らすことが出来たかな。
この調子で、ポッコリお腹が解消されるといいんだけどなぁ。


今日は、近くの病院で開催される、月に一度のがん患者の語り合いの会に参加してきます。
私のような人間でも、他の人の役に立てることが少しでもあればいいなぁ、と思います。


では、今日も良い一日になりますように(*^_^*)

ちょっと休憩…現在の話(通院ウイーク)

おはようございます。ゆうたんです。


今週は“通院ウイーク”であることを忘れていました(>_<)
昨夜、手帳を確認して良かったぁ(+o+)


6月20日(水)‥‥歯医者さん
6月21日(木)‥‥皮膚科(久しぶり)
6月22日(金)‥‥婦人科(半年に一度の検診)
6月23日(土)‥‥内科(血圧の薬をもらうため)


先週から続いている風邪の症状がなかなか良くならなくて、6月18日(月)にも内科を受診したのでした。
薬を変えてもらったら、ようやく良くなってきました(^^;)


昨夜は、寝つきは悪かったものの、わりとしっかり眠れたかな…。


では、今日も頑張ってきます。

入院生活を振り返る(2017年3/31~4/8)‥‥その1

こんばんは。ゆうたんです。


なんだかあっという間に5月が終わり、6月に突入。
暑い日が続いておりますが、みなさま、いかがお過ごしですか?
今からこんなに暑いのでは、これからどう過ごしていったらいいのか、心配です(>_<)


さて、私は、昨年(2017年)3月30日に『左乳房全摘術』を受け、入院しました。
そういえば、この日は“大安”だったのですよぉ!
だから、「絶対、大丈夫(*^_^*)」と思っていました。


入院生活について、まだ振り返っていなかったので、ぼちぼち書いてみようと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


手術の説明を受けた時、主治医から「入院は、長くて1週間かな。」と言われていました。
「そんな程度で退院できてしまうんだ(◎o◎)」と、私も主人も驚きました。


手術当日(2017年3月30日)の夜(21時)にはすでに動いてもいいことになっていたし(安静解除)、その2時間後からは水を飲むことも許され、翌朝からはしっかり食事も出来ました。


問題は“排液バッグ”です。
「1週間経ってもまだ管を抜くことが出来なければ、排液バックを持ったまま退院してもらうよ。」と主治医に言われました。


入院中は、“主治医”と“担当医”がいます。
・“主治医”‥‥診療を担当する医師が所属する診療科を統括する責任医師(それを補佐、
        又は、代行する医師)。
・“担当医”‥‥直接患者さんの診療を担当する医師
(入院時の資料より。)
私の場合、“主治医”はいつも診察を受けている先生、“担当医”は手術の時に主治医と一緒に入ってくださった若い?先生でした。


乳腺外科には、もう一人、女性の先生がいます。
この先生に、私は直接診てもらってはいないのですが、以前“肛門周囲膿瘍”で入院した時にも様子を見に来てくださったのでした。


今回の入院中、乳腺外科の3先生がいつも様子を見に来てくださいました。
当たり前のことなのかもしれないけれど、自分が診察を受けていない先生までもが来てくださることに、私は「すごいなぁ(◎o◎)」と思っていました。


話を“排液バッグ”問題に戻します(^^;)
主治医にはずっと「1週間」と言われ続けましたが、担当医に「排液バックを持ったまま退院するのはイヤなので、ギリギリまで入院させていてほしい」とお願いしましたm(__)m
すると、「ギリギリで4月8日。それまでに管を抜くことが出来なければ、排液バックを持ったまま退院する」ということになりました。


(つづく)